So-net無料ブログ作成
検索選択

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"

↓↓クリックすると詳細ページが開きます。一見の価値ありですよ!

手術を一切する事なく視力を回復させる14日間視力回復プログラム!
本、雑誌もメガネなしでクッキリ見える!任天堂DS「目で右脳を鍛える」で有名な視力回復の第一人者が簡単に視力を回復させる方法を初公開!!

初詣の写真 [初詣について]

初詣は年の初めのセレモニーであり、イベントでもあります。
それゆえ、初詣の際に記念写真を撮る人も少なくないでしょう。
富士フイルムなどは「お正月を写そう」というCMを放映しているくらいですしね。

初詣の写真を撮るチャンスは、言うまでもなく年に一度。
さらに初詣は、特に女性や子どもにとっては「晴れ着姿」を披露するチャンスの一つですし、こういったときの写真はできるだけ残しておきたいものでしょう。
初詣の写真は、普段の写真とは違った「スペシャル感」といった感じがあるので、できるだけキレイに撮りたいものです。

初詣の写真を撮る際は、最低でも事前にカメラコンディションチェックは必要でしょう。
特に普段カメラを使わない人の場合、当日カメラの故障に気づいたり操作がわからなかったりということもよくあること。
カメラのような電化製品は、修理に出しても手元に戻ってくるまでにしばらくかかりますから、カメラのチェックは余裕を持って行うようにしましょう。
nice!(0) 

喪中の年賀状 [初詣について]

家族などに不幸があった場合、めでたい行事などもそれに併せて控えたりしますが、
その中でも喪中・年賀欠礼状、喪中はがきがあります。

これは一年以内に近親者に不幸があった場合、年賀状の交換を辞退する旨を伝えるもので、
忌明けまでの期間を忌中、死後の一年間を喪中としています。

喪中の家ではめでたい行事を慎みます。
喪中の人は年賀状が来そうな相手にその事を知らせる為に相手が年賀状を準備する前に喪中、年賀欠礼状を送る事になります。

喪中はがきは年賀状を交換している人全てに出します。
相手が喪中で、自分が出す前に喪中はがきを貰った場合も喪中はがきを出します。

一般に自分を中心とした一親等(父母、配偶者、子)と、生計を共にしている二親等(祖父母、兄弟姉妹、孫)にあたる人に不幸があった時喪中はがきを出す習慣があります。

喪中はがきは、相手が年賀状を準備する11月中旬頃から12月初めに届けます。
遅くても年賀特別郵便取扱が始まる前に届けるようにします。

行き違いになってしまった場合は、喪中の知らせが遅れたことを詫び、
年賀状を相手から貰う分には差し支えの無い事を述べると良いそうです。

喪中はがきの書き方としては、文面に亡くなった人との続柄を明記する事、父親の服喪の場合、「年賀」は使用せず「年始」「年頭」「新年」とし、誰がいつ亡くなったか明記し、母親に不幸があった場合喪中はがきの文例としては「年の瀬を迎えて何かとご多忙なことと存じます。さて本年○月に母を亡くしました。喪中でございますので、新年の賀詞を失礼いたします。」などがあります。

年賀状を書くにあったって色々なマナーが必要かと思いますが、喪中はがきもやはり年賀状を書く上での大切なマナーのひとつだと思います。

nice!(0) 

年賀状について [年賀状]

秋も深まり寒い季節になると、お正月も近づいてきます。
お正月というと何が思い浮かぶでしょうか?お正月らしいもののひとつとして「年賀状」があります。

年賀状とは、新年に新たに送られる郵便はがきやカードを用いた挨拶状で、日本の文化です。

新年を祝う言葉を持ってあいさつし、旧年中の感謝と、新しいとしに変わらない厚情を依願する気持ちを添える内容が多い年賀状ですが、親しい間柄の相手には近況を添えたりする場合も多いようです。

日本には新年の年始回りの行事がありますが、それが行えない遠方の人などへの年始回りの代わりとして年賀状が始まったそうです。

そのため本当は元日に年賀状を書いて投函するはずなのですが、いつの間にか元旦に配達するという習慣に替わっていました。

年賀状用として年賀はがきが毎年11月から発売されるため、これを年賀状に用いる事が多いと思われます。

郵政において、年賀状は「年賀特別郵便物」という取り扱いになります。
その取り扱い期間は12月15日から12月28日で、その期間中に「年賀」と赤色で示された郵便物は、あらかじめ区分したうえで宛先を管轄する配達局に送付し、同じ場所で1月1日まで保存されるサービスです。

年賀はがきや印面下部に年賀と赤色で示されたはがきなどを郵便ポストに設置された専用投入口に投函した場合消印は省略される仕組みになっています。

年賀特別郵便物取り扱い期間中に出された、切手貼りの年賀状と、差出人から特に依頼のあった場合は翌年1月1日付けの「年賀印」という消印が押されます。
同様の郵便物の場合でもそれ以降に差し出されると当日付けの消印になります。

近年は携帯メールの普及などもあり、年賀状の習慣は年々衰えているそうです。
特に若い層に顕著に現れており、日本の代表的な新年の風習も失われていくのかと思うと残念な気がします。

nice!(0) 

初詣の作法(神社の場合) [初詣の作法]

初詣は、日本の場合は、教会に行く人よりも寺社に行く人のほうがずっと多いでしょう。
ここでは神社への初詣の際の作法について述べてみたいと思います。

初詣に限らず、神社へお参りする際の作法は、おおよそ以下のような順番になります。

(1)鳥居の前で本殿に向かって一礼する。

(2)手水舎で手を洗い口をすすぐ。順番は左手→右手→口(左手で)→左手。最後に柄杓をすすぐ。

(3)拝殿に参拝する。

 ・まずお賽銭を納めて鐘を鳴らす。

 ・二礼→ニ拍手→合掌→一礼

(4)鳥居の前で本殿に向かって一礼。

神社によっては、作法に関してほかの神社とは違う決まりごとがあることもありますから、
その点は注意が必要です。

宮司さんなど神社の方に聞いてもいいですが、初詣の際は混雑しますので、
できるだけ事前に作法を調べておくといいでしょう。

また同様に、神社によって参詣の作法についての張り紙があるところもあります。
そのようなところに初詣するなら、その紙に従ってお参りすれば間違いないでしょう。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初詣の作法 [初詣の作法]

初詣はそれほど堅苦しいものではありませんが、やはり寺社や教会に詣でるわけですから、
それなりの作法というものが存在します。

初詣の作法は、神社と寺院、教会では大分違います。
これは単に場所の違いというよりは、宗教の違いからくるものです。

特に教会の場合は、寺社とは違って本当にその宗教を信じている人が多いでしょうから、
初詣(というより「新年のミサ」ですね)の際の作法には気をつけたいものです。

寺社の場合は、初詣は参詣客が大変多いこともあって、
会場整理はあっても、さほど作法のことは言われません。

とはいえ、やはり初詣は、その年最初の神仏との対面ですから、
できればきちんと作法を押さえておきたいもの。

日本人の多くは神社とお寺が同じようなものだと考えているかもしれませんが、
神社での作法とお寺での作法は違いますから、
初詣の行き先が決まったら、その作法も事前に学習しておきましょう。


nice!(0) 

初詣の由来(年神について) [初詣について]

初詣の直接の由来は「年籠り(としごもり)」という、家の主人のみのセレモニーでした。
これがしだいに家族総出の「初詣」になっていったようです。

ほかに初詣の由来と考えられているものの一つとして、「年神(歳神)」への信仰があります。
年神とはお正月に各家庭にやって来ると信じられていた神(今でも信じている人は多い)。

また「年」とは米のことで、ゆえに年神は穀物神でした。
そして門松や鏡餅などの飾り物や供え物によって、年神をお迎えしたのです。

このように正月は、特に農家が年神にその年の豊作を願う行事でもあったのです。
初詣は正確には、家の主人の「年籠り」と、家族の年神を祀る行為の双方が由来だったのでしょう。
その証拠に、初詣は当初はその年の恵方(年神がやってくる方角)の方角の寺社に詣でる「恵方参り」が主流でした。

このよう初詣、恵方参りは明治以降に徐々に廃れていきましたが、
こうした習慣や概念が由来となって、現代の初詣のスタイルに行き着いたのです。

nice!(0) 

初詣の由来 [初詣について]

初詣は、寺社や教会への参拝の中でも、特にその年初めてのものを区別して呼ぶものです。
かように年の初めというものは、昔から特別視されていました。

初詣に限らず、年末年始が人々にとって特別な意味を持っていたことは、
昔の文献や民話などからも伺うことができます。

例えば有名な昔話である「かさ地蔵」では、
おじいさんとおばあさんが「年越し」「正月」を重視している描写があります。

また「年の神(年神・歳神)」といった概念も各地に現代まで受け継がれてきました。
こうした人々の認識も、初詣の由来の一つなのでしょう。

昔は、新年を家族が元気で過ごせるよう祈るために、
家の主人が大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神の社にこもる
「年蘢り(としごもり)」と呼ばれる習慣や、
社前で焚き火をして夜を明かしたりする習慣がありました。

この頃は「年の初め=大晦日の夜」という認識だったようで、
これが初詣の由来と言われています。

その後この年蘢りは、大晦日の夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」とに分かれました。

その後、「新年の始まり=1月1日午前0時」という認識が広まると、
「元日詣」が一般的になり、これが現代の初詣の直接の由来ということになります。

nice!(0) 

初詣の楽しみ [初詣について]

初詣は神仏にその年の幸福を祈るものですが、多くの人にとってはその年初めてのイベントでもあります。
それゆえに、初詣には「お楽しみ」もいろいろあるようです。

初詣のお楽しみの例としては、寺社が提供する縁起物や催し、露天などがあります。また、人によっては初詣は特別に遠方の有名な寺社に出かけることもあるので、その際に寺社の周辺を散策したり、近辺のみやげ物屋で買い物したり、名物を味わってみたりと、いろいろな楽しみ方ができますね。特に京都奈良などの、古くからの神社・仏閣が多い地域は見所も多いですから、たまには遠方の寺社へ初詣するのもいいでしょう。

とはいえ、初詣は基本的には宗教的行事であり、年始めの大切なセレモニー。年始めからイヤなことがあったりすると、何となく「縁起が悪い」「今年はロクな年になりそうもない」という気持ちにもなりかねませんから、初詣だからといって浮かれるのもほどほどにして、慎重に行動したいですね。

nice!(0) 

初詣 [初詣について]

初詣とは、年の初めに神社や寺院、教会などに参詣し、一年の無事をはじめ、各種願い事について祈ることです。正確には「初詣で」ですが慣用的に「初詣」になっているようです。

初詣は初参りともいい、日本の伝統行事となっています。特に大きな神社や寺院などは、三が日は参詣客で大変な混雑となりますし、初詣臨時列車も出たりします。年明けはあくまでも暦上のことであり、太陽が西から昇ったりといったような特別なことが起きるわけではないのですが、それでも初詣をすると、何か生まれ変わったような気がするから不思議なものです。

どんな宗教でも受け入れて自国流にアレンジしてしまう日本人の国民性を反映してか、クリスマスイブから正月三が日の初詣までの約10日ほどの間に、教会・寺院・神社をすべて回るという人も少なくありません。多くの日本人のこうした宗教に対する姿勢は、外国人にとっては信じがたいもののようですが、それでも初詣における日本人の祈りは、真摯なものだと言えるでしょう。
nice!(0) 
モバイルデータ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。