So-net無料ブログ作成

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"

↓↓クリックすると詳細ページが開きます。一見の価値ありですよ!

手術を一切する事なく視力を回復させる14日間視力回復プログラム!
本、雑誌もメガネなしでクッキリ見える!任天堂DS「目で右脳を鍛える」で有名な視力回復の第一人者が簡単に視力を回復させる方法を初公開!!

初詣の由来 [初詣について]

初詣は、寺社や教会への参拝の中でも、特にその年初めてのものを区別して呼ぶものです。
かように年の初めというものは、昔から特別視されていました。

初詣に限らず、年末年始が人々にとって特別な意味を持っていたことは、
昔の文献や民話などからも伺うことができます。

例えば有名な昔話である「かさ地蔵」では、
おじいさんとおばあさんが「年越し」「正月」を重視している描写があります。

また「年の神(年神・歳神)」といった概念も各地に現代まで受け継がれてきました。
こうした人々の認識も、初詣の由来の一つなのでしょう。

昔は、新年を家族が元気で過ごせるよう祈るために、
家の主人が大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神の社にこもる
「年蘢り(としごもり)」と呼ばれる習慣や、
社前で焚き火をして夜を明かしたりする習慣がありました。

この頃は「年の初め=大晦日の夜」という認識だったようで、
これが初詣の由来と言われています。

その後この年蘢りは、大晦日の夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」とに分かれました。

その後、「新年の始まり=1月1日午前0時」という認識が広まると、
「元日詣」が一般的になり、これが現代の初詣の直接の由来ということになります。

nice!(0) 
モバイルデータ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。