So-net無料ブログ作成

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"

↓↓クリックすると詳細ページが開きます。一見の価値ありですよ!

手術を一切する事なく視力を回復させる14日間視力回復プログラム!
本、雑誌もメガネなしでクッキリ見える!任天堂DS「目で右脳を鍛える」で有名な視力回復の第一人者が簡単に視力を回復させる方法を初公開!!

初詣の作法 [初詣の作法]

初詣はそれほど堅苦しいものではありませんが、やはり寺社や教会に詣でるわけですから、
それなりの作法というものが存在します。

初詣の作法は、神社と寺院、教会では大分違います。
これは単に場所の違いというよりは、宗教の違いからくるものです。

特に教会の場合は、寺社とは違って本当にその宗教を信じている人が多いでしょうから、
初詣(というより「新年のミサ」ですね)の際の作法には気をつけたいものです。

寺社の場合は、初詣は参詣客が大変多いこともあって、
会場整理はあっても、さほど作法のことは言われません。

とはいえ、やはり初詣は、その年最初の神仏との対面ですから、
できればきちんと作法を押さえておきたいもの。

日本人の多くは神社とお寺が同じようなものだと考えているかもしれませんが、
神社での作法とお寺での作法は違いますから、
初詣の行き先が決まったら、その作法も事前に学習しておきましょう。


nice!(0) 

初詣の由来(年神について) [初詣について]

初詣の直接の由来は「年籠り(としごもり)」という、家の主人のみのセレモニーでした。
これがしだいに家族総出の「初詣」になっていったようです。

ほかに初詣の由来と考えられているものの一つとして、「年神(歳神)」への信仰があります。
年神とはお正月に各家庭にやって来ると信じられていた神(今でも信じている人は多い)。

また「年」とは米のことで、ゆえに年神は穀物神でした。
そして門松や鏡餅などの飾り物や供え物によって、年神をお迎えしたのです。

このように正月は、特に農家が年神にその年の豊作を願う行事でもあったのです。
初詣は正確には、家の主人の「年籠り」と、家族の年神を祀る行為の双方が由来だったのでしょう。
その証拠に、初詣は当初はその年の恵方(年神がやってくる方角)の方角の寺社に詣でる「恵方参り」が主流でした。

このよう初詣、恵方参りは明治以降に徐々に廃れていきましたが、
こうした習慣や概念が由来となって、現代の初詣のスタイルに行き着いたのです。

nice!(0) 
モバイルデータ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。